コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非致死性兵器 ひちしせいへいきnonlethal weapons

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非致死性兵器
ひちしせいへいき
nonlethal weapons

人に対し致命的な殺傷手段を使わず,また兵器や装備などを壊滅させずに,敵の戦闘能力を無力化する兵器。ノンリーサル兵器ともいう。冷戦が終結したのち,局地紛争平和維持活動などへの対応をより重要視している欧米諸国では,特に隠密作戦を遂行するため,あるいは報道機関が注視するなかで過剰な殺傷行為や破壊活動を避ける必要性から,非致死性兵器の研究が行なわれている。1991年の湾岸戦争アメリカ軍は,導電性繊維を散布してイラクの送電ラインを寸断する作戦を試みた。軍事への転用が可能なものとしては,光学装置機能を破壊し人間の視力を一時的に奪うレーザーや,アンテナや電子装置に障害をもたらす電磁パルスなど,人間の神経や機械装置の機能を阻害する技術などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

非致死性兵器【ひちしせいへいき】

人間に致命傷を与えずに,敵の戦闘能力を失わせる兵器。ノンリーサル・ウェポンズnonlethal weaponsとも。地域紛争における平和維持活動などの際,テレビなどの報道機関の前で殺傷行為をさらさないようにする目的で,欧米を中心にこの種の兵器の研究が進められている。暴動鎮圧用の致命傷を与えないゴム弾,視力を麻痺させたり光学機器を破壊するレーザー,電子機器に損傷を与える電磁パルス発生装置,道路や滑走路を滑りやすくしたり,べとつかせたりする薬剤などさまざまな種類がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ひちしせいへいき【非致死性兵器】

人間に致命傷を与えずに、その戦闘能力を奪う兵器。ノン-リーサル兵器。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android