コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

靫草 ウツボグサ

デジタル大辞泉の解説

うつぼ‐ぐさ【×靫草】

シソ科の多年草。山野に生え、高さ10~30センチ。茎は四角柱。全体に白い毛がある。夏、紫色の唇形の花が集まった穂を出す。花穂は夏に枯れて黒くなり、これを漢方で夏枯草(かごそう)といい、利尿薬にする。うるき。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うつぼぐさ【靫草】

シソ科の多年草。日当たりのよい山野に自生。茎は四角形で高さ10~30センチメートル。夏、茎頂の花穂に、紫色の唇形花を密につける。花穂を乾燥したものを漢方で夏枯草かごそうといい、利尿薬とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

靫草 (ウツボグサ)

学名:Prunella vulgaris subsp.asiatica
植物。シソ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

靫草の関連キーワード唇形花四角形自生

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android