コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かい

世界大百科事典内のの言及

【くつ(沓∥履)】より

…江田船山古墳(熊本県)からは金銅沓が出土しており,地方豪族が権威の象徴として儀礼の際に足を通したものと思われる。 奈良時代には舃(せきのくつ),履,靴(かのくつ),鞋(かい)等のくつが中国から伝来し,大宝律令にも定められた。黒い漆を塗った烏皮(くりかわ)舃は皇太子や諸臣の礼服(らいふく)用,緑舃は内親王や三位以上の内命婦(ないみようぶ)がはいた。…

※「鞋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鞋の関連キーワード埼玉県飯能市中藤上郷金の草鞋で尋ねる金[きん]の草鞋くつ(沓∥履)佐橋富三郎靴・沓・履麻沓・麻鞋厚狭寝太郎牛山清四郎舞楽装束武者草鞋武者草履八般私賤楠本端山江雪宗立いさら川糸の鞋峰入り襲装束散切物

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android