コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞍馬苔 クラマゴケ

デジタル大辞泉の解説

くらま‐ごけ【×鞍馬×苔】

イワヒバ科の常緑、多年生のシダ。山地の樹林下に生える。茎は地をはい、分枝して苔のように広がる。葉は鱗片(りんぺん)状。小枝の先に胞子穂をつける。鞍馬山で発見された。叡山(えいざん)苔。愛宕(あたご)苔。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くらまごけ【鞍馬苔】

イワヒバ目の常緑性シダ植物。山中林内に生える。茎は細く地をはい、まばらに短い枝が分かれ、卵形で鱗片状の葉が四列に並んでつく。愛宕あたご苔。叡山えいざん苔。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鞍馬苔 (クラマゴケ)

学名:Selaginella remotifolia
植物。イワヒバ科のコケ状常緑多年草,園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

鞍馬苔の関連キーワードイワヒバ卵形

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android