コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓国国家情報院 かんこくこっかじょうほういん

1件 の用語解説(韓国国家情報院の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

韓国国家情報院

大統領直属の情報機関。母体は、1961年5月の軍事クーデターで権力を握った故朴正熙(パク・チョンヒ)大統領が創設した韓国中央情報部。米国の中央情報局(CIA)に似た情報収集・謀略・秘密工作をするためKCIAといわれてきた。73年8月に金大中(キム・デジュン)氏拉致(らち)事件を起こしたことで知られる。79年10月の朴大統領暗殺事件後に生まれた全斗煥(チョン・ドゥファン)政権が名称を国家安全企画部(安企部)と変えたが、実体はKCIAのままだった。98年2月「韓国で初めての民主政権」を標榜(ひょうぼう)して発足した金大中政権の下で99年1月、現在の名称に変え、経済情報や外国動向を重視するなど、性格を若干変えてきた。

(2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

韓国国家情報院の関連キーワードFCCKCIA情報機関大統領府CABACDAFMCSCPSCPSAC米国の国家安全保障会議(NSC)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

韓国国家情報院の関連情報