全斗煥(読み)チョンドファン

デジタル大辞泉 「全斗煥」の意味・読み・例文・類語

チョン‐ドファン【全斗煥】

[1931~2021]韓国軍人政治家。第11~12代大統領。慶尚南道出身。1955年陸軍士官学校卒業。79年の朴大統領暗殺事件の混乱を国軍保安司令官として処理し、戒厳司令官を逮捕して実権掌握。80年第11代大統領に就任。81年第五共和制憲法下で第12代大統領に当選した。88年の辞任後、不正蓄財などが発覚し隠遁生活を送る。ぜんとかん。→ノテウ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「全斗煥」の意味・わかりやすい解説

全斗煥【ぜんとかん】

韓国の政治家,軍人。慶尚南道出身。1955年陸士11期卒。1979年10月の朴正煕大統領暗殺事件のとき,戒厳司令部合同捜査本部長として軍と情報機関を掌握。民主化運動が高まるなかで1980年5月非常戒厳令をしき,金大中ら野党指導者を逮捕,その直後光州事件に軍を投入して弾圧した。同年9月大統領に就任。1981−1987年民主正義党総裁。1984年韓国元首として初の公式訪日。1988年2月,盧泰愚(ろたいぐ)に平和的政権交代をしたが,政権下での権力犯罪,不正蓄財を糾弾され,同年11月国民に謝罪,隠遁生活に入った。1995年,粛軍クーデタや光州事件の責任を問われて盧泰愚とともに逮捕され,1996年12月ソウル高裁で全は無期懲役判決を受けたが,1997年12月特赦により出獄・復権した。
→関連項目大韓民国

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

山川 世界史小辞典 改訂新版 「全斗煥」の解説

全斗煥(チョン・ドゥホアン)
Ch&obreve;n T‘u-hwan

1931~

軍出身の韓国の政治家,大統領(在位1980~88)。慶尚北道出身。陸軍士官学校を11期生として卒業,ベトナム戦争従軍朴正熙(パク・チョンヒ)大統領暗殺事件当時,国軍保安司令官。戒厳司令部合同捜査本部長として事件の捜査を担当した。80年に中央情報部長代理を兼務し,光州事件後,事実上の軍事政権である国家保衛非常対策委員会委員長に就任した。同年8月に大統領就任。混乱した事態を収拾し,経済再建とソウル・オリンピック誘致に成功。84年9月には韓国の大統領として初めて日本を公式訪問した。


全斗煥(ぜんとかん)

全斗煥(チョン・ドゥホアン)

出典 山川出版社「山川 世界史小辞典 改訂新版」山川 世界史小辞典 改訂新版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「全斗煥」の意味・わかりやすい解説

全斗煥
ぜんとかん

チョン・ドファン(全斗煥)」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内の全斗煥の言及

【大韓民国】より

…維新体制に対する民衆の批判を高度経済成長の実現によってかわしながら長期政権を維持した朴正熙は,79年の第2次石油危機を契機とする不況と,それを背景とした労働運動の高揚,野党=新民党(総裁,金泳三)の急進化,釜山・馬山の民衆暴動等の一連の政治的危機の深まりのなかで,10月26日に腹心の部下である金載圭中央情報部長に射殺され,衝撃的な最期を遂げた。 以後80年前半にかけて民主化運動は急激に発展,次の政権をねらう野党系の金大中,金泳三(1927‐ )と朴政権直系の金鍾泌(1926‐ )が民主化で歩調を合わせ,〈三金時代〉と呼ばれる韓国政治の新時代が始まるかにみえたが,急速な政治変革を恐れた軍部は,80年5月17日の非常戒厳令の全国化によって実権を掌握し,抵抗する光州の学生・市民多数の虐殺(光州事件,85年の政府報告では死者192人)を通して,再び軍人中心の全斗煥(1931‐ )政権(第5共和国)を成立させた。全政権は88年ソウル・オリンピック開催などで韓国の国際的評価の向上に努めたが,強権的政治体制と民主化運動という対抗基軸が,依然として韓国の政治を規定する基本的要因であることに変りはなかった。…

※「全斗煥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

再生可能エネルギー

自然の活動によってエネルギー源が絶えず再生され、半永久的に供給され、継続して利用できるエネルギー。有限の資源である化石燃料などに代わる、新エネルギー(中小規模水力・地熱・太陽光・太陽熱・風力・雪氷熱・...

再生可能エネルギーの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android