コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓鍛冶 カラカヌチ

世界大百科事典内の韓鍛冶の言及

【鍛冶屋】より

…律令制の時代には,こうした部曲は雑工戸・雑戸(ざつこ)として,中央および地方官衙の統轄下におかれた。そうした時代,とくに重用されたものは新来の朝鮮系の鍛冶であったらしく,《古事記》応神天皇の条に〈韓鍛卓素〉の名が見えるのをはじめ,奈良時代の《続日本紀》などには,この韓鍛冶の語がしばしば出てくる。平安時代になると,鍛冶も多くは地方へ四散し,荘園領主の庇護を受けるようになる。…

【刀鍛冶】より

…その子孫は倭鍛冶(やまとかぬち)として代々朝廷に仕えたといい,綏靖(すいぜい)天皇は天津真浦に鏃を,崇神(すじん)天皇は天目一箇神の後裔に神剣を造らせたと伝えている。また応神天皇のとき,百済から学者和邇(わに)とともに韓鍛(からかぬち)卓素(たくそ)が来朝し(《古事記》),この帰化系の鍛冶を倭鍛冶に対し韓鍛冶と称している。各地の後期古墳から刀剣類の出土例があり,奈良時代には鍛冶は全国的に存在したと思われる。…

※「韓鍛冶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

韓鍛冶の関連キーワード倭鍛冶部大和朝廷鍛冶部

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android