コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓鍛冶 カラカヌチ

1件 の用語解説(韓鍛冶の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

から‐かぬち【韓鍛冶】

大和朝廷に仕えた渡来人の鍛冶部(かぬちべ)。鍛冶・銅工・金作などに従事した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の韓鍛冶の言及

【鍛冶屋】より

…律令制の時代には,こうした部曲は雑工戸・雑戸(ざつこ)として,中央および地方官衙の統轄下におかれた。そうした時代,とくに重用されたものは新来の朝鮮系の鍛冶であったらしく,《古事記》応神天皇の条に〈韓鍛卓素〉の名が見えるのをはじめ,奈良時代の《続日本紀》などには,この韓鍛冶の語がしばしば出てくる。平安時代になると,鍛冶も多くは地方へ四散し,荘園領主の庇護を受けるようになる。…

【刀鍛冶】より

…その子孫は倭鍛冶(やまとかぬち)として代々朝廷に仕えたといい,綏靖(すいぜい)天皇は天津真浦に鏃を,崇神(すじん)天皇は天目一箇神の後裔に神剣を造らせたと伝えている。また応神天皇のとき,百済から学者和邇(わに)とともに韓鍛(からかぬち)卓素(たくそ)が来朝し(《古事記》),この帰化系の鍛冶を倭鍛冶に対し韓鍛冶と称している。各地の後期古墳から刀剣類の出土例があり,奈良時代には鍛冶は全国的に存在したと思われる。…

※「韓鍛冶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

韓鍛冶の関連キーワード鍛冶鍛冶屋鍛冶部品部武士大和朝廷鍛冶司中臣鍛冶大隅法師君

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone