音声入出力装置(読み)おんせいにゅうしゅつりょくそうち(英語表記)voice input‐output device

世界大百科事典 第2版の解説

おんせいにゅうしゅつりょくそうち【音声入出力装置 voice input‐output device】

コンピューターの情報入出力として人間の音声を使用することは,音声認識技術,音声合成技術の進歩によって実用化の道が開かれた。音声認識装置は音声を登録された辞書に基づき単語として認識するので,コンピューターへは認識された単語にあらかじめ割り当てられたコードが入力される。音声が正しく認識されたか否かを確認するため,ディスプレーなどで入力結果をオペレーターに表示し会話的に入力操作を行う必要がある。 音声出力は,単純に単語単位に録音された音声をコンピューター制御で編集して出力するものと,コンピューターが生成した単語を音声合成で出力するものがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android