コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音曲初心伝 おんぎょくしょしんでん

世界大百科事典 第2版の解説

おんぎょくしょしんでん【音曲初心伝】

義太夫の節づくし。竹本民太夫撰。1749年(寛延2)刊。1巻。山本九兵衛板と,正本屋吉兵衛板とがあり,小序の用字に相違がみられる。2世竹本政太夫が編んだ《音曲フシ覚》と相前後してつくられた節づくしで,初心者が曲節の種類を覚えるためにつくられた。曲節を説明する本文に節付けをほどこし,文字譜とゴマ点で示している。煙舟舎の序文,民太夫の小序があり,節付の記号を説明した章附事,華福の跋を付す。こうした節づくしは,義太夫の流布に寄与した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

音曲初心伝の関連キーワード丸山権太左衛門ゲーテ信達騒動怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)信達一揆吉田藩(三河国)レッシング(Gotthold Ephraim Lessing)博多あまおう大塚家具県産の野菜

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android