散財(読み)さんざい

精選版 日本国語大辞典「散財」の解説

さん‐ざい【散財】

〘名〙
① 金銭を消費すること。また、無駄に金銭を費やすこと。
※財政経済史料‐五・財政・献納・諸種献納・天保一二年(1841)九月「勤向とは乍申御武事に付候義者、たとへ存外之散材有之候共、元来銘々覚悟之儀に付」 〔梁書‐王珍国伝〕
② 特に、遊郭などで多額の金銭を消費すること。江戸時代、文化・文政(一八〇四‐三〇)頃上方の粋人の間に流行した語。
※歌舞伎・霊験曾我籬(1809)四幕「それ女郎買ひは、四ツ手駕籠に乗って飛んで散財(サンザイ)し、猪牙は簑を着て漕いで徘徊すといへり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「散財」の解説

さん‐ざい【散財】

[名](スル)不必要なことに金銭をつかうこと。また、いろいろなことで金銭を多く費やすこと。「訪問先に散財をかける」「予定外に散財してしまった」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android