コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音響カプラー オンキョウカプラー

3件 の用語解説(音響カプラーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おんきょう‐カプラー〔オンキヤウ‐〕【音響カプラー】

acoustic coupler》電話の送受話器を利用し、音声信号によってデータの送受信を行う装置。コンピューター入出力を電話線を使って伝送するときなどに使われる。アコースティックカプラー。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

音響カプラー
おんきょうかぷらー

電話機を介して公衆回線を利用し、データ通信を行うための装置。電話用の回線はもともとアナログ信号、すなわち音声信号を送信することを目的としているが、音声信号を符号化してデジタル信号に変換する装置に、電話の受話器を挿入することで、公衆回線を通して遠隔地のコンピュータ端末装置をつなげることができる。ただし、送受信速度は専用のデータ通信回線に比べて遅くなるのはやむをえない。音響カプラーは現在ではほとんど使われていない。[小野勝章・山本喜一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

音響カプラーの関連キーワード葉加瀬太郎光カプラーSAWフィルターATRAC3prediaMissMondaymiwaログATRACATRAC3

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone