コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

受話器 じゅわきreceiver

翻訳|receiver

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

受話器
じゅわき
receiver

振動電流を音声に変える変換器。変換の機構によって電磁型,ダイナミック型,クリスタル型,静電型などに分けられる。電磁型は電話器に,クリスタル型は耳孔に挿入して用いるイヤホンに広く用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

受話器【じゅわき】

レシーバーとも。送話器と対。電気エネルギーを音響エネルギーに変換,耳に直接あてがって使用される装置。電磁型,動電型,圧電型等があり,電話機用受話器には電磁石に流れる電流により板を振動させる電磁型が用いられる。
→関連項目電話電話機

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

じゅわき【受話器】

電話機・無線機で、電気信号を音声に変換する装置。レシーバー。 ↔ 送話器

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

受話器
じゅわき
receiverearpiece

受話器とは、電気信号を、その強弱と振動数に比例した機械運動に変換する仕組みと、その運動を空気に伝えて音波に変換する仕組みとをもつ装置である。このなかで、とくに直接耳に接触させるか、あるいは耳孔に挿入して使用するものを、広く一般に受話器と称している。
 無線通信において周囲の雑音から耳を保護したり、隣接する通信席に妨害音を与えないように、通信員が両耳に掛けて使用するレシーバーreceiverを受話器と称した。1980年代以降、ラジオやテープレコーダー、CD(コンパクトディスク)、ICレコーダー(集積回路を使う録音機器)などの音響装置の小型化が進んだため、スピーカーのような大型の部品の組込みが困難になったり、他人に迷惑をかけずに自分ひとりで音楽やラジオを楽しむなどの理由で、小型受話器を本体と分割し、細いリード線とプラグ(差込み器具)で接続し、耳に入れて使用することが多くなった。小型化の追求だけでなく、音質のよさも追求されている。
 電磁型受話器では、鉄片に巻いたコイルに音声電流(電気信号)を流し、磁界の発生する鉄片の先端を薄い鉄の振動板に近接させて音波を発生させるものと、音声電流を流す空芯(くうしん)の可動コイルを、強力な磁界のなかに置くダイナミック型とよばれるものとがある。再生音の忠実性は、ダイナミック型が良好である。そのほかにも、圧電型、静電型などがある。また、送話器も付属したハンドセット(送受話器)を受話器とよぶこともある。[石島 巖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

受話器の関連キーワードコールラウシュ・ブリッジランゲージ・ラボラトリー古今亭 今輔(5代目)コールラウシュブリッジオーディオメーター宛てがう・充てがうパートナードッグコードレス電話トーン/パルススピーカーホンボブログ3世セニエット塩モデムポート音響カプラーロシェル塩黒川兼三郎ヘッドホン留守番電話音響カプラがちゃ切り

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

受話器の関連情報