コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須原屋茂兵衛(4代) すはらや・もへえ

1件 の用語解説(須原屋茂兵衛(4代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

須原屋茂兵衛(4代)

没年:天明2.8.13(1782.9.19)
生年:享保16.11(1731)
江戸書肆の4代目。「すわらや」とも。名は恭,号は恪斎。北畠氏。茂兵衛は代々の称。家号は千鐘房。初代宗元が紀州有田郡栖原から出て,万治年間(1658~61)に創業し,明治37(1904)年まで営業した。須原屋一統の本家で,幕府御書物師を務め,大名屋敷にも出入りし,元禄(1688~1704)より『武鑑』『江戸絵図』を中心に,幅広く書物を扱う日本橋通1丁目の名物書肆。恪斎は垣内氏から入り,京都出身の有力書店勢と競うなか,逆に京都に仕入れ店を出すなど経営拡大に努め,宝暦(1751~64)以後,目ざましく発展。伊藤蘭嵎,渋井太室に学び,自ら熊野の地誌をまとめた『熊野遊記』(1801)を残した。<参考文献>今田洋三『江戸の本屋さん』

(安永美恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

須原屋茂兵衛(4代)の関連キーワード書肆スワデシスワラジやわらやわら藁屋井筒屋庄兵衛(初代)中野市右衛門(初代)西村屋与八(2代)風月庄左衛門寝藁 (bedding)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone