コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須川長之助 すがわ ちょうのすけ

1件 の用語解説(須川長之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

須川長之助 すがわ-ちょうのすけ

1842-1925 幕末-明治時代の植物採集家。
天保(てんぽう)13年生まれ。万延元年(1860)開港直後の箱館(はこだて)にきたロシアの植物学者マクシモビッチの助手となり,約3年にわたり植物採集・研究をたすける。師の帰国後も採集をつづけ,明治22年立山で発見した新種はチョウノスケソウと名づけられた。大正14年死去。84歳。陸奥(むつ)紫波(しわ)郡(岩手県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

須川長之助の関連キーワード早田文蔵大野直枝小倉青於郡場ふみ子宍戸謙堂多摩園巌美西川作平野呂武左衛門良然高木珴暁