コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須川長之助 すがわ ちょうのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

須川長之助 すがわ-ちょうのすけ

1842-1925 幕末-明治時代の植物採集家。
天保(てんぽう)13年生まれ。万延元年(1860)開港直後の箱館(はこだて)にきたロシアの植物学者マクシモビッチの助手となり,約3年にわたり植物採集・研究をたすける。師の帰国後も採集をつづけ,明治22年立山で発見した新種はチョウノスケソウと名づけられた。大正14年死去。84歳。陸奥(むつ)紫波(しわ)郡(岩手県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

須川長之助の関連キーワードチョウノスケソウ(長之助草)マキシモヴィッチ長之助草

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android