須川長之助(読み)すがわ ちょうのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

須川長之助 すがわ-ちょうのすけ

1842-1925 幕末-明治時代の植物採集家。
天保(てんぽう)13年生まれ。万延元年(1860)開港直後の箱館(はこだて)にきたロシアの植物学者マクシモビッチの助手となり,約3年にわたり植物採集・研究をたすける。師の帰国後も採集をつづけ,明治22年立山で発見した新種はチョウノスケソウと名づけられた。大正14年死去。84歳。陸奥(むつ)紫波(しわ)郡(岩手県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android