コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭巾雲 ずきんぐも pileus

翻訳|pileus

3件 の用語解説(頭巾雲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頭巾雲
ずきんぐも
pileus

雄大積雲または積乱雲が急速に発達したとき,雲の頭の部分に頭巾をかぶせたように現れる。この雲の寿命は短く,短時間のうちにほかの雲に変化したり消滅したりする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ずきんぐも【頭巾雲】

積雲または積乱雲の上部に接して現れる頭巾のようなうすい雲。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

頭巾雲
ずきんぐも

雲の国際分類表のなかの付随雲の一つ。積雲または積乱雲が上空に向けて発達していく際に、雲頂近くに発生するベールのような感じの雲。かつぎ雲、横抜き雲ともよばれ、水平の広がり方が大きい場合はベール雲という。湿度の高い気層が下から積乱雲に押し上げられるときに水蒸気が凝結したものである。何層にも重なって発生することもある。積雲は頭巾雲を突き抜けて発達することが多く、その場合は襟巻(えりまき)雲とよばれる。[木村龍治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

頭巾雲の関連キーワード積乱雲層積雲本曇雷雲ロール雲雲級片乱雲雄大積雲斑雲ウインドカーム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone