コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頸部脊椎症 けいぶせきついしょうcervical spondylosis

世界大百科事典 第2版の解説

けいぶせきついしょう【頸部脊椎症 cervical spondylosis】

頸椎症,変形性頸椎症ともいう。脊椎椎体や椎間板および靱帯(じんたい)の退行性変化は,骨棘(こつきよく)形成,椎間板ヘルニア,靱帯骨化などとして現れ,正常の加齢(老化)現象としてみられる。しかし脊椎のうち頸部はこの変化が生じやすく,ときに,脊髄,神経根あるいは交感神経などを刺激・圧迫して種々の症状を呈することがある。これを頸部脊椎症という。神経根への障害による症状には,上肢や上肢帯の疼痛,しびれ感,感覚障害筋萎縮などがあり,脊髄の障害による症状としては,上肢の運動・感覚障害,下肢の痙性麻痺と感覚障害がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

頸部脊椎症の関連キーワード頸椎症性脊髄症

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android