額裏(読み)ガクウラ

デジタル大辞泉の解説

がく‐うら【額裏】

額の裏。
着物の仕立て方の一。衣服人目につきやすい所によい布を用い、花鳥・人物・風景などの模様のある緞子(どんす)、羽二重(はぶたえ)などを用いること。がく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

がく‐うら【額裏】

〘名〙
① 額の裏面。
② 着物の上着および下着の裏の仕立方の一種。衣服の裏の見えやすい襟、褄、裾に胴裏よりよい布を用い、また、羽織の裏に花鳥山水模様などの広幅物を用いて仕立てること。また、そのもの。額仕立て。がく。
※洒落本・当世風俗通(1773)中之息子風「小袖。縮めんあるひは袖の菖蒲革染、〈略〉裡は小納戸ちゃに紅(もみ)の額うら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる