コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小納戸 コナンド

百科事典マイペディアの解説

小納戸【こなんど】

江戸幕府の職名。小姓(こしょう)に次ぐ将軍側近の職で,将軍の髪,膳番(ぜんばん),馬方,鷹方(たかかた),筒方など身辺の雑務を担当。500石高。定員100名前後で若年寄の配下。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こなんど【小納戸】

江戸幕府の職名。若年寄の配下で、将軍の理髪・食膳・庭方など日常の雑務を担当した。小納戸方。 ⇔ 大納戸

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小納戸
こなんど

江戸幕府の職名。若年寄(わかどしより)の支配に属し、御場掛(ごばがかり)、御膳番(ごぜんばん)、奥之番(おくのばん)などの掛に分かれて、将軍身辺の雑事を担当した。高500石、布衣(ほうい)の着用を許されたが、定員は不定で50~100人くらいである。設置年代は明らかでないが、寛永(かんえい)期(1624~44)ころには成立していたと考えられる。小納戸頭取(とうどり)は1729年(享保14)設置され、小納戸の直接の支配、監督を担当した。高1500石。いずれも1866年(慶応2)廃止。このほか、諸藩の職制中にも認められるが、職務内容は同様なところが多い。しかし、納戸方に属して会計や物品出納を担当した藩もある。[佐々悦久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小納戸の言及

【納戸方】より

…なお1650年奥方御用について役方条目が出され,納戸方御用は老中阿部忠秋,松平乗寿の指図するところとなった。 次に,小納戸は将軍に近侍して将軍身辺の雑務を行うもので,寛永初年にはすでにあり,将軍の理髪・食膳・庭方など日常細務に従事した。御髪月代,御膳番,御庭方,御馬方,御筒方などがあり,頭取,御膳番,奥之番の両掛は奥向きの取締りを行い,表役人と応待するので権威があったが,小姓よりは軽い立場であった。…

※「小納戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小納戸の関連キーワード稲葉高道(初代)山本春正(6代)浦上弥五左衛門黒沢庄右衛門遠山金四郎高杉小忠太高成田琴台お美代の方横井孫九郎小納戸頭取大久保忠寛鵜飼錬斎山本春正石河政郷細田栄之久世広之柳沢吉保中村篁渓安積澹泊栗山潜鋒

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android