顔色無し(読み)ガンショクナシ

デジタル大辞泉の解説

顔色(がんしょく)無(な)し

白居易長恨歌」から》恐れや驚きのために顔色が青くなるさま。完全に圧倒されて手も足も出ないさま。「完璧な答えには試験官顔色無しだ」
[補説]この意味で「かおいろなし」と読むのは誤り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がんしょくなし【顔色無し】

〔白居易「長恨歌」〕
恥・驚き・恐れなどのために顔が青くなる。顔色を失う。
圧倒されて手も足も出ないさま。顔色を失う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がんしょく【顔色】=無(な)し[=を失(うしな)う]

恐れ、驚き、羞恥などのために平常の顔色が失われる。顔の色が青くなる。また、相手に圧倒されて元気がなくなる。手も足も出なくなる。
※太平記(14C後)一「三千の寵愛一身に在しかば、六宮の粉黛は、顔(ガン)色無が如く也」 〔白居易‐長恨歌〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android