コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

願証尼 がんしょうに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

願証尼 がんしょうに

953-1034 平安時代中期の尼僧。
天暦(てんりゃく)7年生まれ。願西尼(がんさいに),源信の妹。天台宗。大和(奈良県)吉野山にすんで日夜念仏に専念し,毎月8日に地蔵講をおこなった。西にむかって端座したまま入滅したという。長元7年8月25日死去。82歳。安養尼ともいう。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

願証尼の関連キーワードカジミエシ1世(復興王)リウドルフ[シュワーベン公]スターバックスコーヒー国の間伐政策犬猫の寿命後三条天皇寂照陽子崩壊サキャ派日高山脈襟裳国定公園

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android