コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中中 ナカナカ

2件 の用語解説(中中の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なか‐なか【中中】

[形動][文][ナリ]
予想した程度を上回るさま。かなりなさま。「色もいいがデザインも中中だ」
「―な技倆者(やりて)だと見えるナ」〈魯庵社会百面相
物事が予想したようには容易に実現しないさま。「具体化まではまだ中中だ」
中途半端なさま。また、中途半端で、いっそそうでないほうがましなさま。
「げに―ならむよりは、いと良しかし」〈狭衣・三〉
[副]
予想した以上に。意外に。かなり。「中中難しい問題だ」「敵も中中やるね」「中中の腕前」
(多くあとに打消しの語を伴って)容易に実現しないさま。「電車が中中来ない」「話しても中中わかってくれない」
予想や一般的な状況とは反対の結果になるさま。むしろ。かえって。
「白き紙に捨て書い給へるしもぞ、―をかしげなる」〈末摘花
(あとに打消しの語を伴って)とうてい。けっして。
「やれやれ大きになられた、よそで見たらば―見知るまい」〈虎明狂・腰祈
[感]相手の言葉に相槌を打つときに発する語。はい。ええ。そうです。
「『いざさらば行かう。おりやれ、おりやれ』『―、参りまらする』」〈虎清狂・猿座頭

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なかなか【中中】

( 副 )
物事の状態・程度が予期した以上であるさま。
思っていた以上に。かなり。ずいぶん。 「 -立派だ」 「 -強い」 「見て見ぬ風ふりで、-注目してゐる/多情多恨 紅葉
(打ち消しの語を伴って)思ったとおりには。容易には。 「 -解けない」 「タクシーが-つかまらない」 「 -そうは参りません」
中途半端に。なまじ。かえって。 「連中の繁忙なる有様は申すも-愚おろかなり/もしや草紙 桜痴」 「心づきなき事あらん折は、-そのよしをも言ひてん/徒然 170
(中途半端にするよりは)いっそのこと。 「 -死ぬればうらみも恋もなかりしに/浮世草子・五人女 4
( 名 )
なかば。中途。 「葛木かずらぎや久米路くめじに渡す岩橋の-にても帰りぬるかな/後撰 恋五
( 形動 ) [文] ナリ 
思っていた以上であるさま。かなりな。相当な。 「 -なやり手だ」
中途半端なさま。どっちつかずなさま。 「中将も-なることをうちいでて、いかに思すらむと/源氏 藤袴
中途半端で、むしろしない方がましなさま。なまじっかなさま。 「 -なりける見参かなと、今は悔しうぞ思はれける/平家 11
( 感 )
相手の言葉を肯定するのに用いる語。いかにも。はい、そうです。 「『…さて汝らは、楽しうなりたいな』『-、その望みでござる』/狂言・福の神」 〔「なか」は中途の意で、「なかなか」はどっちつかずで中途半端なさまを表すのが原義。古くは中途半端でよくない、不満だの意で用いられたが、中世末頃には肯定的にとらえる の意が生じた。上代は「なかなかに」の形でしか用いられなかったが、平安時代に語尾の「に」を活用させて形容動詞として用いる一方、「に」を脱した「なかなか」の形でも用いられ、次第に多用されるようになった〕
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中中の関連キーワード内気配殊の外自殺的蕭疎甚大濃厚予想外太甚もうは未だなり、未だはもうなり想定内

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中中の関連情報