類題(読み)るいだい

精選版 日本国語大辞典「類題」の解説

るい‐だい【類題】

〘名〙
和歌俳諧などを、同じ種類のによって集めたもの。
のあまり(1897)〈正岡子規〉「されど之を編む人全く俳句を知らねば俳句の類題に順序を誤り四季を混じたる者多くして殆んど校正に堪へず」
② 同じ種類、または類似の問題。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「類題」の解説

るい‐だい【類題】

類似の問題。同じ種類の問題。「過去の入試の類題を集めたテキスト」
和歌・連歌・俳句などを、同じ種類の題や季題によって分類したもの。また、その歌集句集

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android