風上に置けない(読み)カザカミニオケナイ

  • =ぬ
  • かざかみ
  • に 置(お)け=ない
  • 風上
  • 風上(かざかみ)に置け◦ない

デジタル大辞泉の解説

風上に悪臭を発するものがあれば風下では臭くて困るところから》性質や行動の卑劣な者をののしっていう言葉。仲間としてはとうてい扱えぬほど卑劣だ。「男の―◦ないやつ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(風上に置くと臭気がひどくて困るというところから) 卑劣な人間を憎しみののしっていう語。面よごしである。鼻持ちならない。かざうえに置くものにあらず。かざおもてに置くものにあらず。
※浮世草子・諸道聴耳世間猿(1766)一「商人のすあいをとるとは、武士の風上(カザカミ)にもおかぬ奴」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一一「だから探偵と云ふ奴はスリ、泥棒、強盗の一族で、到底人の風上に置けるものではない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android