コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風山瑕生 かざやま かせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

風山瑕生 かざやま-かせい

1927- 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和2年4月21日生まれ。5歳のとき一家で北海道釧路(くしろ)に開拓民として移住。小学校教師となり詩作をはじめ,「歴程」「風」同人。昭和33年「幼い者の奇蹟」でユリイカ新人賞,37年濃密な生への讃歌が基調にある詩集大地の一隅」でH氏賞。ほかに詩集「自伝のしたたり」など。秋田県出身。旭川師範卒。本名は安田博。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

風山瑕生の関連キーワードユリイカ(文芸雑誌)一隅

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android