コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

颯田諦真 さった たいしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

颯田諦真 さった-たいしん

1848-1924 明治-大正時代の尼僧。
嘉永(かえい)元年6月6日生まれ。颯田本真の妹。明治18年京都の浄土宗金戒光明寺で獅子吼観定(ししく-かんじょう)から法をうける。また前年には廃寺となっていた京都西寿寺の住職となり,復興につとめた。大正13年11月25日死去。77歳。三河(愛知県)出身。俗名はまさ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

颯田諦真の関連キーワード大正時代嘉永尼僧