コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

颯田本真 さった ほんしん

2件 の用語解説(颯田本真の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

颯田本真 さった-ほんしん

1845-1928 幕末-昭和時代前期の尼僧,社会事業家。
弘化(こうか)2年11月28日生まれ。浄土宗。12歳で出家。郷里の三河(愛知県)吉田村に徳雲寺,神奈川県鵠沼(くげぬま)に慈教庵(現本真寺)を創建し,おおくの尼僧を養育した。また明治24年の濃尾地震をはじめとする災害の罹災(りさい)者,困窮者の救済につとめた。昭和3年8月8日死去。84歳。俗名はりつ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

颯田本真

没年:昭和3.8.8(1928)
生年:弘化2.11.28(1845.12.26)
明治大正時代の浄土宗の尼。三河幡豆郡吉田町(愛知県吉良町)に生まれる。颯田清左衛門の長女。幼名りつ。安政3(1856)年,12歳にして三河碧南郡旭村(碧南市)貞照院の高橋天然のもとで得度する。文久2(1862)年,慈教庵(のちの徳雲寺)を創建し住職となる。明治23(1890)年に三河を襲った津波を機に難民救済に生涯を捧げる決意をし,翌年の美濃震災から大正13(1924)年の藤沢町震災救済まで34年間に全国23県150カ所あまりを歩き施物,勧化を募った。生涯を通じて念仏の弘通に専念し,慈善事業に尽力した。<参考文献>藤吉慈海『颯田本真尼の生涯』

(岡村喜史)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

颯田本真の関連キーワード神谷大周西山鑑智国師良忠酒井大谷愍成越智専明吉良長氏小林大巌颯田諦真澄円

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone