コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛騨変成帯 ひだへんせいたい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飛騨変成帯
ひだへんせいたい

岐阜県北部から富山県石川県福井県隠岐諸島にわたる地域に発達する広域変成帯片麻岩を主体とし,結晶片岩(→片岩)や結晶質石灰岩(→石灰岩)を含む。一般に低圧・高温型の変成作用であったが,一部に藍晶石などを含むので,かなり高圧であったところもある。変成の時期は先カンブリア時代で日本最古の岩石とすると,古生代末から中生代初めまでとする説が対立しているが,近年先カンブリア時代のものも含まれるという説が有力になってきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

飛騨変成帯の関連キーワード花崗岩化作用西南日本内帯三郡変成岩三郡変成帯変成帯

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android