コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥井雅俊 あすかい まさとし

美術人名辞典の解説

飛鳥井雅俊

室町中・後期の公卿。雅綱の子、法名を敬雄。権大納言となり、のち正二位に進む。家集に『飛鳥井雅俊卿集』『園草』がある。大永3年(1523)歿、63才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飛鳥井雅俊 あすかい-まさとし

1462-1523 室町-戦国時代の公卿(くぎょう),歌人。
寛正(かんしょう)3年生まれ。飛鳥井雅親(まさちか)の子。家職をつぎ,足利将軍家の和歌,蹴鞠(けまり)の師範をつとめる。地方の武人にもおしえ,周防(すおう)(山口県)の大内氏と親交があった。父の講釈を「古今栄雅抄」としてまとめた。永正(えいしょう)12年権(ごんの)大納言,14年正二位。大永(たいえい)3年4月11日死去。62歳。家集に「園草」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

飛鳥井雅俊の関連キーワード戦国時代寛正

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android