食養生(読み)しょくようじょう

精選版 日本国語大辞典「食養生」の解説

しょく‐ようじょう ‥ヤウジャウ【食養生】

〘名〙 栄養学的立場から、疾病の予防・治療をはかること。食養。食事療法。
※浮世草子・日本永代蔵(1688)三「しはき名をとりて分限なる人、其身一代独り暮して、始末からの食養生(ショクヤウジャウ)、残る所なし」

くい‐ようじょう くひヤウジャウ【食養生】

〘名〙 消化や栄養のことなどを考えて、食事によく気をつけること。しょくようじょう。
※俳諧・五元集(1747)元「弁慶も食養性や瓜畠」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「食養生」の解説

しょく‐ようじょう〔‐ヤウジヤウ〕【食養生】

健康保持や体質改善のため、体質・体調に応じて栄養を考えた食事をとったり節制したりすること。くいようじょう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android