食養生(読み)しょくようじょう

精選版 日本国語大辞典「食養生」の解説

しょく‐ようじょう ‥ヤウジャウ【食養生】

〘名〙 栄養学的立場から、疾病予防治療をはかること。食養食事療法
※浮世草子・日本永代蔵(1688)三「しはき名をとりて分限なる人、其身一代独り暮して、始末からの食養生(ショクヤウジャウ)、残る所なし」

くい‐ようじょう くひヤウジャウ【食養生】

〘名〙 消化や栄養のことなどを考えて、食事によく気をつけること。しょくようじょう。
※俳諧・五元集(1747)元「弁慶も食養性や瓜畠」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「食養生」の解説

しょく‐ようじょう〔‐ヤウジヤウ〕【食養生】

健康保持や体質改善のため、体質体調に応じて栄養を考えた食事をとったり節制したりすること。くいようじょう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android