コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯田節 いいだ せつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯田節 いいだ-せつ

1837-1867 幕末の武士。
天保(てんぽう)8年生まれ。丹波福知山藩(京都府)家老。江戸で林鶯渓(おうけい)にまなぶ。藩政改革案を建議して一時幽閉されたが復職,洋式兵制の採用などにつくした。勤王をとなえ,慶応3年10月22日京都円山で勤王派の会合の帰途,薩摩(さつま)藩士と誤認され幕吏に殺された。31歳。名は高節。通称は別に鉤太郎。号は篤斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

飯田節の関連キーワードコワニエデュ=ブスケ辞典徳川慶喜インターナショナル近・現代アフリカ史(年表)イギリス領北アメリカ条例ルコック探偵マンウィリス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android