コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯田義一 いいだ ぎいち

2件 の用語解説(飯田義一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯田義一 いいだ-ぎいち

1851*-1924 明治-大正時代の経営者。
嘉永(かえい)3年12月22日生まれ。明治17年三井物産にはいり綿輸入に従事。43年取締役となる。のち三井銀行,三井鉱山の取締役,三井合名の参事をかねる。大正3年シーメンス事件で起訴され有罪となる。恩赦をうけ,7年大正海上火災保険会長。大正13年2月10日死去。75歳。長門(ながと)(山口県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

飯田義一

没年:大正13.2.10(1924)
生年:嘉永3.12.22(1851.1.23)
明治大正期の実業家。長州(萩)藩の士族飯田行三の長男。官立英語学校を退学後,測量司学校に入学,明治6(1873)年工部省に入ったが,翌年鉄道寮に転じた。17年5月鉄道局を辞し,三井物産に入社した。24,25年インドに出張,印棉輸入の基礎を築いた。26年大阪支店支配人となり,31年には棉花部支配人を兼務し,棉花貿易を支えた。34年理事,41年専務理事となり,三井物産を主宰した。42年10月物産が株式会社に改組されると常務取締役に就任。44年10月物産の重役制度が変更されて取締役協議委員となり,三井合名会社参事のほか,王子製紙,三井鉱山などの取締役に就任,活動の中心を三井合名に移した。大正3(1914)年4月シーメンス事件で起訴されると,これらの役職を辞任,懲役1年6カ月執行猶予3年の判決を受けた。恩赦を受けると7年10月大正海上火災の取締役会長に就任した。<参考文献>三井文庫編『三井事業史』,専修大学今村研究室『金剛事件』

(粕谷誠)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飯田義一の関連キーワード士族授産実業家榎昌大石保小野金六河村正彦小室三吉祖父江重兵衛本多政以渡辺祐策

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone