コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯篠長威斎家直 いいざさちょういさいいえなお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飯篠長威斎家直
いいざさちょういさいいえなお

[生]? 下総,香取
[没]長享2(1488).4.15.
剣道神道流流祖。通称山城守,のちに伊賀守と改め,号は長威斎または長威斎入道。生地の香取郡飯篠村から同郷山崎村に移って刀槍を考究し,香取,鹿島の両神宮の神伝により神道流を開創した。若い頃出京して将軍足利義政に仕え,まもなく帰郷,文明 12 (1480) 年,60歳頃入道。松本備前守諸岡一羽,塚原土佐守など多くの高弟を有し,剣道中興の祖といわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

飯篠長威斎家直の関連キーワード宝蔵院流長享