コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯蛸 イイダコ

デジタル大辞泉の解説

いい‐だこ〔いひ‐〕【×蛸】

マダコ科のタコ。内海の砂泥底にすみ、全長約30センチ。体表は淡黄褐色で、両眼の間に金色の眼状紋がある。産卵期は冬から春先で、成熟卵は米粒状。食用。 春》「―のあはれやあれで果てるげな/来山

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いいだこ【飯蛸】

タコの一種。全長約25センチメートル。体色は黄褐色ないし黒褐色。目の前方に金色の輪紋をもつ。食用。冬から春にかけて産卵期のものを煮ると胴に飯粒が詰まったように見えるのでこの名がある。日本・朝鮮・中国の浅海・内湾に分布。イシダコ。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

飯蛸 (イイダコ)

学名:Octopus ocellatus
動物。マダコ科のタコ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

飯蛸の関連キーワードイイダコ黒褐色

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飯蛸の関連情報