コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飲んだくれ ノンダクレ

デジタル大辞泉の解説

のん‐だくれ【飲んだくれ】

大酒を飲んでひどく酔っぱらうこと。また、そのような人。よいどれ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

飲んだくれ

米国の作家ピーター・ベンチリーの長編小説(1989)。原題《Rummies》。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

のんだくれ【飲んだくれ】

大酒飲み。また、酒を飲みすぎて酔いつぶれた人。よいどれ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

飲んだくれの関連キーワードルーゴン=マカール叢書ルーゴン・マッカールヨンネ ヤルヴェラヒッタヴァイネンエピカルモスマラマッドエピグラム大酒飲みグリードどん底大酒

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飲んだくれの関連情報