香田 清貞(読み)コウダ キヨサダ

20世紀日本人名事典の解説

香田 清貞
コウダ キヨサダ

昭和期の陸軍歩兵大尉



生年
明治36(1903)年9月4日

没年
昭和11(1936)年7月12日

出生地
佐賀県三日月村

学歴〔年〕
陸士〔大正14年〕卒

経歴
大正14年陸軍歩兵少尉に任官、歩兵第1連隊付となる。昭和9年大尉となり、10年末まで支那駐屯軍で北支の警備に当たり、同年12月歩兵第1旅団副官に転任となる。11年の2.26事件に事件指導者の一人として反乱軍主力部隊を率いた。当日、部下の丹生誠忠に主力部隊150名の指揮を委ねて陸軍大臣官邸を占拠させ、自身はすでに免官となっていた村中孝次、磯部浅一らと共に陸軍上層部との交渉に当たった。東京陸軍軍法会議の結果、死刑判決を受け、同年7月処刑された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android