コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香芝市(読み)かしば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

香芝〔市〕
かしば

奈良県北西部,奈良盆地西端部の市。 1956年五位堂村,二上村,下田村,志都美村の4村が合体して香芝町となり,1991年市制。二上山の北東斜面と馬見丘陵の間を占める農村地帯で,第2次世界大戦前から農家の副業としての靴下製造や二上山山麓で採取される金剛砂を原料とするサンドペーパーの生産で発展した。平野塚穴山古墳尼寺廃寺跡 (ともに国指定史跡) ,武烈天皇陵,凝灰岩の浸食で生じた奇勝の屯鶴峰 (どんづるぼう) がある。交通の便に恵まれ大阪方面への通勤者も多く,宅地開発が著しい。 JR和歌山線,近畿日本鉄道大阪線,南大阪線,国道 165号線,西名阪自動車道が走る。市域の一部は金剛生駒紀泉国定公園に属する。面積 24.26km2。人口 7万7561(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

香芝市の関連情報