コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬見丘陵(読み)うまみきゅうりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馬見丘陵
うまみきゅうりょう

奈良県奈良盆地の西部にある洪積台地。標高 70~80m。開析が進んで丘陵状となり樹枝状の谷が発達。北は大和川,東は高田川,西は葛下 (かつげ) 川によって限られ,南は大和高田市付近までの南北約 7km,東西約 3kmの地を占める。丘陵周辺には大古墳群が多い。古くからため池を造り耕地化されたところで,現在もため池が多い。近年,北部に西大和ニュータウン,南部に真美ヶ丘団地が造成された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬見丘陵
うまみきゅうりょう

奈良県北西部、奈良盆地西部にある洪積丘陵。北は大和(やまと)川、東は高田川、西は葛下(かつげ)川に限られる。東西約3.5キロメートル、南北約7.5キロメートルの楕円(だえん)形をなし、比高は20~30メートルで南から北に傾斜する。丘陵は侵食による開析が進み、小谷が樹枝状に発達する。谷は水田や灌漑(かんがい)用溜池(ためいけ)に利用され、丘陵の上は畑地となり、一部に松林が残る。東麓(とうろく)には大塚山、巣山(すやま)、築山(つきやま)古墳などが北から南にかけて馬見古墳群を形成し、巣山古墳は特別史跡に指定されている。北方の近畿日本鉄道田原本(たわらもと)線大輪田駅および西方のJR和歌山線畠田(はたけだ)駅付近は大阪への交通の便に恵まれ、西大和ニュータウンなど宅地開発が盛んである。[菊地一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の馬見丘陵の言及

【広陵[町]】より

…人口2万9457(1995)。奈良盆地中西部に位置し,盆地底部から馬見丘陵にわたる一帯を占める。馬見丘陵は浸食による小谷が樹枝状に入り,谷を利用した小溜池が無数に分布する。…

※「馬見丘陵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

馬見丘陵の関連情報