コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馮至 ふうしFeng Zhi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馮至
ふうし
Feng Zhi

[生]光緒31(1905).9.17. 河北
[没]1993.2.22. 北京
中国の詩人,学者,翻訳家。本名は馮承植。北京大学在学中から詩の創作を始め,1935年魯迅に「中国で最も傑出した抒情詩人」と評される。 1930~35年ドイツに留学し,文学博士号を取得して帰国。新詩集『十四行集』 (1942) を出版。解放後は北京大学教授,1964年から中国社会科学院外国文学研究所所長。ゲーテ研究に力を注ぎ,ハイネリルケブレヒトの翻訳など,ドイツとの文化交流に貢献した。ほかに詩集『西郊集』『杜甫伝』などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馮至
ふうし / フォンチー
(1905―1993)

中国の詩人。ドイツ文学者。河北省(たく)県の人。16歳から詩作を始め、『創造季刊』誌上にデビュー。叙情詩人として魯迅(ろじん)から最高度の賛辞を受けた。詩集『昨日の歌』(1927)、『北遊其他』(1929)を刊行後ドイツに留学。抗日戦後期には西南連合大学で教鞭(きょうべん)をとるかたわら沈潜思索、『十四行集(ソネット)』(1942)を出す。1956年共産党に入り、『西郊集』(1958)で詩風一転した。『杜甫(とほ)伝』(1952。邦訳名『杜甫 詩と生涯』)やハイネの翻訳、『ゲーテ論』もあり、ゲーテ賞(1983)、グリム兄弟文学賞(1985)などを得ている。北京(ペキン)大学教授、社会科学院外国文学研究所所長などを経て、83年同研究所名誉所長、85年中国作家協会副主席。[木山英雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

馮至の関連キーワード馮文炳

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android