コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駆落 かけおち

1件 の用語解説(駆落の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かけおち【駆落】

無断で住所を去り,行く先をくらますことで失踪,出奔,家出などともいう。一般には婚姻に関して相思の男女が相伴ってひそかに他所へ逃げることをいう。演劇の用語をかりて江戸時代には道行(みちゆき)ともいった。婚姻の成立には,当事者の合意だけでなく当該社会の承認が必要であり,そのまず第一は双方の親,親族などの承認を得るのが一般である。この承認が得られないとき,当事者の意志が強固であれば種々交渉の末,駆落してその意志を全うしようとする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

駆落の関連キーワード欠落跡を暗ます行く先華を去り実に就く韜晦行方目を晦ます所を去る中抜け膨らます

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

駆落の関連情報