駆落(読み)かけおち

世界大百科事典 第2版の解説

かけおち【駆落】

無断で住所を去り,行く先をくらますことで失踪出奔家出などともいう。一般には婚姻に関して相思の男女が伴ってひそかに他所へ逃げることをいう。演劇の用語をかりて江戸時代には道行(みちゆき)ともいった。婚姻の成立には,当事者の合意だけでなく当該社会の承認が必要であり,そのまず第一は双方の親,親族などの承認を得るのが一般である。この承認が得られないとき,当事者の意志が強固であれば種々交渉の末,駆落してその意志を全うしようとする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android