コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駱駝色 らくだいろ

色名がわかる辞典の解説

らくだいろ【駱駝色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「くすんだ黄赤」としている。一般に、ラクダ科ヒトコブラクダフタコブラクダなどの毛皮のような淡い茶色のこと。ラクダは日本でも古くから知られていたが、色名として用いられるのは近代。英名キャメル(camel)の訳語として一般的に使われるようになった。かつて、冬の下着として「ラクダ色のシャツ」が定番となったが、現代ではあまり着用しない。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

らくだ‐いろ【××駝色】

ラクダの毛のような色。薄く明るい茶色。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

らくだいろ【駱駝色】

やや灰色がかった黄赤。キャメル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

駱駝色の関連キーワード環境JIS学校用家具国際計量計測用語JISJIS漢字水準旧JISJIS X0221マンセル表色系新JIS試薬

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android