騒客(読み)ソウカク

大辞林 第三版の解説

そうかく【騒客】

詩文などを作る風流な人。詩人。文人。騒人。 「岩頭また一人の-を見つけたる/去来抄」

そうきゃく【騒客】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そう‐かく サウ‥【騒客】

〘名〙 (「騒」は中国韻文の一体) 詩歌・文章などを作る人。詩人。詩客。騒人。
※済北集(1346頃か)八・端午軸序「支那蛮之地有騒客。姓焉屈。名焉平」
※俳諧・去来抄(1702‐04)先師評「岩頭又一人の騒客を見付けたる」 〔黄庚‐題東山翫月図詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android