コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソウ

デジタル大辞泉の解説

そう〔サウ〕【騒】

中国文学で、韻文の一体。屈原の「離騒」に由来する名称で、社会や政治に対する憤を述べたもの。騒体。楚辞体。

そう【騒〔騷〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ソウ(サウ)(呉)(漢) [訓]さわぐ
さわぐ。さわがしい。「騒音騒然騒動狂騒喧騒(けんそう)物騒
漢詩の一体。「騒体」
文学。風流。「騒客(そうかく)騒人風騒
[難読]潮騒(しおさい)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そう【騒 sāo】

漢詩の一体。《楚辞》およびその形式や内容を模倣し,その呼称は《楚辞》の代表作である〈離騒〉に出る。韻文形式で助辞の〈兮(けい)〉を用いることが多く,内容はパセティックな悲哀の表明と主君への諷諫を中心とする。ただ安易な作品は〈無病の呻吟〉に陥りやすい。騒体の文学の受容とその特質については《文心雕竜(ぶんしんちようりよう)》弁騒篇に詳しい。後世,騒の概念をより広く用いて,古典的な文学作品を〈風騒〉(風は《詩経》の国風)と呼び,文学者を〈騒人〉と呼んだりもする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そう【騒】

中国で、韻文の一体。作者の憂憤の思いを表したもの。屈原の「離騒」にはじまる。
「離騒」のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

騒の関連キーワードポルターガイスト弓筈・弓弭・弓彇忍たま乱太郎下河内村辰蔵五月蠅なす大嶋恵子総手折り鳥じもの美人香草たな知る加茂一揆吉川霊華近藤南州中国文学胸走り火朝羽振る騒がれる胸が騒ぐ浮き津海人舟

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

騒の関連情報