コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨髄像 こつずいぞうmyelogram

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

骨髄像
こつずいぞう
myelogram

骨髄穿刺により吸引した骨髄血や組織は塗抹標本および切片標本をつくり,顕微鏡で形態学的検査を行うが,その結果,骨髄を構成している細胞成分や性状を観察した資料を骨髄像という。狭義には白血球系 100に対して他の系の細胞を数えて百分率表にしたものをいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こつずいぞう【骨髄像 myelogram】

骨髄穿刺(せんし)によって得られた穿刺液について,これに含まれる骨髄中の諸細胞の数や形態を調べた成績の総体をいう。穿刺液をスライドグラスに塗抹し,ギムザ液などで染色した標本を顕微鏡検査して各種の細胞の形態学的性状を観察し,赤芽球系,顆粒球系,巨核球‐血小板系など各系統ごとに分類・計上してその分布を調べる。ペルオキシダーゼ反応など特殊な染色法による細胞化学的検索も行われる。また,凝固した穿刺液の切片標本からは,組織学的な骨髄の構築をある程度うかがうことができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone