コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨髄像 こつずいぞう myelogram

2件 の用語解説(骨髄像の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

骨髄像
こつずいぞう
myelogram

骨髄穿刺により吸引した骨髄血や組織は塗抹標本および切片標本をつくり,顕微鏡で形態学的検査を行うが,その結果,骨髄を構成している細胞成分や性状を観察した資料を骨髄像という。狭義には白血球系 100に対して他の系の細胞を数えて百分率表にしたものをいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こつずいぞう【骨髄像 myelogram】

骨髄穿刺(せんし)によって得られた穿刺液について,これに含まれる骨髄中の諸細胞の数や形態を調べた成績の総体をいう。穿刺液をスライドグラスに塗抹し,ギムザ液などで染色した標本を顕微鏡検査して各種の細胞の形態学的性状を観察し,赤芽球系,顆粒球系,巨核球‐血小板系など各系統ごとに分類・計上してその分布を調べる。ペルオキシダーゼ反応など特殊な染色法による細胞化学的検索も行われる。また,凝固した穿刺液の切片標本からは,組織学的な骨髄の構築をある程度うかがうことができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

骨髄像の関連キーワード骨髄穿刺線織面腰椎穿刺三慧絨毛穿刺穿刺骨髄細胞穿刺培養骨髄繊維症(骨髄線維症)穿刺液

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone