コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨髄穿刺 こつずいせんしbone marrow puncture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

骨髄穿刺
こつずいせんし
bone marrow puncture

造血器としての骨髄の生理と病理を調べるために,骨髄や腸骨髄から専用の中空の針を穿刺して骨髄の一部を吸引・採取する検査法。塗抹,染色して顕微鏡赤血球白血球血小板,細網内皮系細胞や骨髄の血球生成状態などを検査する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

骨髄穿刺【こつずいせんし】

血液疾患,悪性腫瘍(しゅよう),代謝疾患等の際に造血組織である骨髄内の血液を採取して行う検査。血球の新生,成熟,末梢血への遊出状態,異型細胞の存在等を検査する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こつずいせんし【骨髄穿刺 bone marrow aspiration】

血液や骨髄などの病気を診断するために,骨髄に針を刺して骨髄液を調べる検査法。ヒトの血液細胞は,骨髄で幼若な細胞(造血細胞)が分裂・増殖・成熟して血液中へ流れ出てきたものである。種々の血液疾患や骨髄に特徴的な変化をきたす病気では,血液検査のみでは情報が不十分のことが多い。そこで,骨髄穿刺によって骨髄中の細胞を得て,その数や性状を検査することが必要となる。具体的には,胸骨または腸骨の所定の部位の皮膚を消毒し,局所麻酔骨膜まで施したうえ,骨髄穿刺針を押し回しながら骨髄腔へとすすめ,注射器を接続して陰圧をかけて吸引すると少量の穿刺液(骨髄細胞に富む血液)を得る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の骨髄穿刺の言及

【胸郭】より

…胸郭の下口は第12胸椎,胸骨下端(剣状突起),その間に張る左右の肋骨弓からなり,自然体では横隔膜によって腹腔と境されている。
[胸骨sternum(breast bone)]
 胸骨は胸の前面正中部にある一つの細長い扁平な骨で,皮膚を通して容易に触れることができ,しかもこの骨の骨髄は高齢まで造血活動を示すので,針をさして骨髄を採取し検査する骨髄穿刺(せんし)(胸骨穿刺)に用いられる。胸骨は上部の柄,中部の体,下端の剣状突起の3部からなる。…

※「骨髄穿刺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

骨髄穿刺の関連キーワード骨髄繊維症(骨髄線維症)脾(臓)機能亢進症急性白血病の分類再生不良性貧血骨髄がん症急性白血病慢性白血病骨髄線維症造血器骨髄像

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android