コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高丘比良麻呂 たかおかの ひらまろ

1件 の用語解説(高丘比良麻呂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高丘比良麻呂 たかおかの-ひらまろ

?-768 奈良時代の官吏。
高丘河内(かわち)の子。藤原仲麻呂に重用されたが,天平宝字(てんぴょうほうじ)8年仲麻呂の謀反を密告,その功により従四位下となる。天平神護(てんぴょうじんご)3年はじめて法王宮職がおかれると法王宮亮(すけ)に任じられ,宿禰(すくね)の姓(かばね)をうけた。神護景雲2年6月死去。名は枚麻呂ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の高丘比良麻呂の言及

【高丘河内】より

…楽浪(さざなみ)河内とも。藤原仲麻呂の乱を告発した高丘比良麻呂の父。父沙門詠は663年(天智2)に百済から帰化したという。…

【法王宮職】より

…道鏡は766年(天平神護2)10月法王に任ぜられた。翌年3月に法王宮職が置かれ,造宮卿但馬守従三位高麗福信(こまのふくしん)を大夫(兼任)に任じ,大外記遠江守従四位下高丘比良麻呂を亮(兼任),勅旨大丞従五位上葛井道依を大進(兼任)とし,少進1人,大属1人,少属2人がおかれた。法王の月料は天皇の供御に準じたとあるから,衣服,飲食は天皇と同じものを用いた。…

※「高丘比良麻呂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高丘比良麻呂の関連キーワード伊福部男依上古麻呂紀豊河紀広名佐伯国益楽浪河内高丘河内波多小足飛騨高市麻呂陽侯麻呂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone