コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法王宮職 ほうおうぐうしき

百科事典マイペディアの解説

法王宮職【ほうおうぐうしき】

767年設置された令外官。766年道鏡法王に任じられるに伴って設置された。職員は長官の大夫(だいぶ)以下亮(すけ)・大進(だいじょう)・少進・大属(だいさかん)各1人,少属2人ほか。大夫(兼任)の高麗福信(こまのふくしん),亮の高丘比良麻呂(たかおかのひらまろ)はともに渡来系氏族。職掌の詳細は不明。770年の道鏡失脚とともに廃止。→孝謙天皇

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうおうぐうしき【法王宮職】

767年(神護景雲1)に設置された令外官。道鏡が法王として家政と政務を執行した官庁。道鏡は766年(天平神護2)10月法王に任ぜられた。翌年3月に法王宮職が置かれ,造宮卿但馬守従三位高麗福信(こまのふくしん)を大夫(兼任)に任じ,大外記遠江守従四位下高丘比良麻呂を亮(兼任),勅旨大丞従五位上葛井道依を大進(兼任)とし,少進1人,大属1人,少属2人がおかれた。法王の月料は天皇供御に準じたとあるから,衣服,飲食は天皇と同じものを用いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

法王宮職の関連キーワード奈良時代(年表)職(官司)

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android