高分子効果(英語表記)polymer effect

法則の辞典の解説

高分子効果【polymer effect】

単量体(モノマー)や低分子のモデル化合物と比較したとき,重合体ポリマー)の性質には著しい違いが生じることがあり,これを「高分子効果」と呼んでいる.溶解性や粘度*,隣接基効果,多官能基効果,立体構造効果などが挙げられる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android