コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高力双石 こうりき そうせき

1件 の用語解説(高力双石の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高力双石 こうりき-そうせき

1829-1861 江戸時代後期の儒者,画家。
文政12年生まれ。父は高力蕙圃(けいほ)。肥前平戸藩(長崎県)藩士。藩校の維新館でおしえ,ついで近侍(きんじ)となる。文人画を研究し,淡彩の山水画にたくみであった。茶道にも通じた。文久元年12月死去。33歳。名は一貫。字(あざな)は忠卿。通称は惟一郎。別号に畏斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

高力双石の関連キーワード新井静斎新井稲亭伊藤板渓五井鶴城佐藤東斎菅新菴土岐貞範松田棣園門司東里横田乾山

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone