高山流水(読み)こうざんりゅうすい

精選版 日本国語大辞典「高山流水」の解説

こうざん‐りゅうすい カウザンリウスイ【高山流水】

〘名〙
① 高い山とそこに流れる水。清らかな天地自然形容に用いる。
※うもれ木(1892)〈樋口一葉〉一「さては清楚を極むる高山流水(カウザンリウスヰ)
② (「列子‐湯問」に見える故事で、の名手伯牙(はくが)が、高山を想って琴を弾くと鍾子期(しょうしき)泰山の如しと評し、流水を想って弾くと江河の如しと評したというところから) 妙なる音楽。また、知己をいう。
③ (また、鍾子期が死ぬと、伯が琴のを絶って、再び弾かなかったところから) 立派な芸術が世に伝わらないで絶えてしまうこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典「高山流水」の解説

高山流水

高い山とそこに流れる水。清らかな天地自然の形容に用いる。また、妙なる音楽のたとえ

[使用例] あるいは帯書きに華麗をつくす花鳥風月、さては清楚を極むる高山流水[樋口一葉*うもれ木|1892]

[解説] 妙なる音楽のたとえので、昔、中国の琴の名手はくが、高山を思って琴を弾くと、しょうが泰山の如しと評し、流水を思って弾くと江河の如しと評したという「列子―湯問」に見える故事からきています。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android