両吟(読み)リョウギン

大辞林 第三版の解説

りょうぎん【両吟】

連歌・連句を二人で付け合うこと。また、その作品。 → 独吟三吟
謡い物を二人で謡うこと。
二人でともにすること。 「 -のはなうたにて立帰る/洒落本・契情買虎之巻」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りょう‐ぎん リャウ‥【両吟】

〘名〙
① 連歌・俳諧で、連句を二人で行なうこと。⇔片吟
※佐野のわたり(1522)「両吟にもと思ひ寄りたるは如何」
② 二人でともにすること。二人で連れ立つこと。二人で語り合うこと。
※評判記・色道大鏡(1678)一「さし 男女さしむかひ、両吟(リャウギン)にかたるをいふ」
③ 歌舞伎の下座音楽で、立唄(たてうた)と二枚目が二人でうたうこと。出唄いの場合もある。
※歌舞伎・曾我綉侠御所染(御所五郎蔵)(1864)三幕「ト琴入りの両吟(リャウギン)になり、三方の伊予簾を捲上げる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android