コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両吟 リョウギン

大辞林 第三版の解説

りょうぎん【両吟】

連歌・連句を二人で付け合うこと。また、その作品。 → 独吟三吟
謡い物を二人で謡うこと。
二人でともにすること。 「 -のはなうたにて立帰る/洒落本・契情買虎之巻」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

両吟の関連キーワード芭蕉(俳人)契情買虎之巻高島玄札住田素鏡杉原宗伊桜井梅室めりやす西原文虎木畑定直阿羅野求食場立唄蕪村片吟宗伊炭俵戯講素堂

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android